カビ菌を抗真菌薬で撃退

カビ菌を抗真菌薬で撃退

皮膚のカビ菌による疾患(水虫・爪カンジタ症など)は市販薬では治すことはできません。しつこいカビ菌による症状はやはり病院で処方されている治療薬を使用される方がいいです。

抗真菌薬は皮膚真菌症に効果的

真菌感染症として知られているものには水虫やカンジダ菌感染症を代表としていくつかのものがあります。
その中でも頻繁に見られるのが皮膚真菌症であり、水虫の原因である白癬菌やカンジダ菌はよく皮膚にある角質層などに感染を起こして皮膚真菌症を起こします。
一時代前にはその根本的な治療は難しく、抗真菌薬を用いることで症状を抑えながらうまく付き合っていくということが必要とされていました。
しかし、医薬品研究の進展には著しいものがあり、抗真菌薬として皮膚真菌症に対して効果的なものが次々に開発されて市場に出てくるようになりました。
感染症治療のためにはその原因菌を完全に死滅させることが必要ですが、真菌を殺す作用のある抗真菌薬が登場したことによってその実現が可能になっています。
しかし、一瞬にして全ての真菌を殺すということは難しいため、長期間にわたって薬を使い続けなければならないというのも事実です。
それを可能にするためには副作用がほとんどないというものである必要があり、それによって長期投与が実現できるようになります。
新しい抗真菌薬は真菌にとってのみ必要である機構を阻害することによって作用するという特性を持っていることから副作用が極めて少ないという特徴を持っており、その点についてもクリアしています。
また、外用薬であることから副作用が生じにくいというメリットがあり、皮膚の表面に近いところで起こる皮膚真菌症の治療に対して効果的なものとなっています。
直接塗布することが難しいような真菌症に対しても効果的な内服薬も開発されており、状況に応じて使い分けたり、併用したりすることもできるようになっています。
現代では皮膚真菌症は簡単に治せるものという認識ができるようになっているといえるでしょう。

抗真菌薬の主な副作用

薬にはどんな種類でも副作用があります。
抗真菌薬も人によっては副作用が強く出やすいです。
外服タイプの抗真菌薬は、患部だけで作用するので健康を著しく害するような重大な副作用はありません。
しかし薬が合わないと患部が刺激を受けて赤くなったり痒みや痛みを伴ったりします。
液状薬ではアルコール剤が基材として用いられます。
よって塗った瞬間に爽快感が得られますが、患部にしみて、アルコールの刺激に弱い人がいます。
全身の副作用がでる心配はありませんが、まれに特定の薬剤でアレルギー反応を起こしたことがある人は全身症状が出る場合があります。
内服タイプの抗真菌薬は、外用薬と比べると副作用が全身に出る傾向にあります。
抗真菌約の有効成分が体内に入り、消化器官から血中に取り込まれ水虫のある患部で白癬菌を攻撃することで治療します。
薬が代謝される時にそれぞれの臓器に影響を与えるので、最初に服用した時に下痢や胃痛、食欲不振になることがあります。
その他にも胃潰瘍や肝臓や腎臓の機能低下、嘔吐など様々な副作用が報告されています。
内服タイプの抗真菌薬は治療しにくい水虫に使いますが、中高年が処方されることが多いです。
中高年は高血圧や高脂血症、糖尿病などを発症しているケースがあるため、これらの治療薬と抗真菌薬の飲み合わせが悪くて副作用が出る恐れがあります。
健康な人だけでなく、疾患をすでに持っている人は定期的に血液検査をするなど、体が健康かを確かめます。
もし薬の副作用が出た場合は、使用を中止して医師の診察を受けます。
妊娠中の女性やアレルギー体質の人が副作用の症状を悪化させやすいので、薬の種類や量を変えて安全に治療する必要があります。

抗真菌薬の使い方と種類

足などの皮膚に生じる水虫は、病名に虫の名が付きますが原因は虫ではなくカビの一種である白癬菌に感染する事で生じます。
白癬菌は皮膚の角層で育ち、足の指や足の裏、かかとなどに症状を引き起こします。
一般的には足の指の間がジュクジュクと湿った状態になったり、白くふやけて皮が剥けるような症状が知られていますが、小さな水ぶくれが発生したり、角質が厚く硬くなり、皮膚がひび割れたりするなどの症状が見られる人もいます。
水虫のような菌の感染によって生じた病気には、菌の繁殖を抑制する抗真菌薬を使用して治療します。
大きく分けると塗り薬と飲み薬の2種類があり、症状によって使い分けます。
外用薬の抗真菌薬を使用する場合、始めの3日間程度は症状の現れてる患部だけでなく、足の裏と足の指全てに塗ります。
目立った症状が無くても菌が潜んでいる可能性があるためで、薬を塗って皮が剥け始めた部分は菌が繁殖している証拠です。
塗り薬の効果が出て来ると菌がいた場所の皮膚が剥けるので、まるで症状が悪化した様に見えますが、薬の効果が現れているだけなので問題ありません。
赤みやかゆみが増した場合はかぶれている事もあるので、医療機関で医師に相談して下さい。
一週間程度で皮が剥けるのが収まってきますが、菌が全て死滅したわけではないので、根気よく治療を続ける事が大切です。
足の水虫は症状が進行すると、皮膚以外に爪にも菌が入り込み爪水虫を引き起こします。
爪に入り込んだ菌は外用薬の効果が届きにくく、飲み薬の抗真菌薬を使って治療する必要があります。
爪水虫の菌を完全に死滅させるためには、かつて一年近く内服治療を続けなければいけませんでしたが、近年では効果の高い薬が開発され、4カ月から半年程度で治る事が多くなっています。